飲み会の割り勘って公平なの? ~配賦について考える~

ブログ

学生仲間、職場仲間など飲み会に参加したことがある人なら、割り勘を経験したことがあると思います。

楽しい飲み会を終え、幹事が飲み会の精算を行った後、「割り勘で」とみんなに伝えて均等にお金を徴収しました。一見公平に見える「割り勘」というワードですが、会計用語の配賦(はいふ)が正しくできていないと公平にならないのではないかと思います。

「全体の金額を出席した人数で割って各々から徴収しようとするなんて割に合わないな」

と思ったことはないでしょうか。それはどういうときに感じるのでしょうか。

スポンサーリンク

割り勘に不満を感じるときはどんなとき?

人によって感じ方の個人差はありますが、実際どんな時に割り勘に不公平と感じるのでしょうか。

お酒を飲んでいない

お酒をたくさん飲む人は6~7杯は飲んでしまう一方で飲めない人は1~2杯で十分だったりします。「全然あの人に比べて飲んでないのに・・・」と損したように思うのは当然だと思います。また車で来ているひとはソフトドリンクしか飲めません。ソフトドリングはたくさん飲んでもお酒より単価が安く割り勘にされたら納得いかないと感じることがあります。それでいて送迎を任せられたりするので余計にです。

あまり多く食べれない

少食の方は飲み会で不満に感じることが多いです。よく食べるひとがいてやたらめったら注文しておいて割り勘にされたらたまりません。少食の方が食べ放題のお店に行って毎回損した気分になるのと似た感じでしょうか。

仕事で遅れてきた

私用で遅れてきたのであればともかく、仕事の都合などで途中から参加した飲み会で料理もあまり残っていない、飲む時間もあまりないという状況で、割り勘をされたら割に合わないなと感じることが多いです。料理も冷めていて美味しくなく他の方が酔っている状況ではじめるので尚更でしょう。

嫌々参加した

断れない上司に誘われて仕方なく参加したり、しつこく誘ってきた友人に対して今回だけ嫌々参加した飲み会が、割り勘であった場合不公平だと感じるでしょう。上司に対しては、「立場的に断れないこと分かっておきながら割り勘かよ・・・」と嫌な気分になります。参加しないといけない事情があったり、しつこい勧誘に折れて参加した結果「いきたくない飲み会にわざわざ参加したのに割り勘か・・・」という気分になることが多いようです。

飲み会では料理をみんなで取り分けたり、ビールジョッキや日本酒のように一人だけで飲み切らず分け合うものなどを考えると、実際に各々の飲食を正しく把握するのはできません。つまり「分からない費用はみんなで分け合いましょう」ということなのです。これは生産現場の製造間接費の計上方法、いわゆる一定の基準で振り分ける「配賦(はいふ)」の考え方と似ています。

直課と配賦の考えとは

会計用語で直課(ちょっか)・配賦(はいふ)という言葉があります。原価計算では必ず使われます。

製造業で考えると、発生した費用と製造品の関係が一対一で明確な場合、その費用は直接的に製造品の原価とします。これが直課です。一方費用と製造品の関係が明確に分けられない場合、一定の基準で費用を製品の原価に割り振ります。これが配賦です。

直課とは?

直課とは直接・賦課(ふか)するという呼び方からきています。

直接かかったものですので、例えばリンゴジュースとぶどうジュースを作ったとします。装置はミキサー。ひとりで製造。材料費は明確ですので、りんごはリンゴジュースの原価に、ぶどうはぶどうジュースの原価に直課します。直課は明確に原価として見えているものとして考えるとわかりやすいです。

配賦とは?

配賦とは一言でいえば直課できないものを指します。先ほどのリンゴジュースとぶどうジュースで言えば電気代、水道代、人件費が当たります。つまりこれはどちらの原価として入れることもできないためある一定の基準を設定してそれぞれの原価へ振り分けます。基準としては作った時間であったり、売上費であったり専有面積であったり様々です。

割り勘ではなく配賦の概念も入れて公平感が欲しい

飲み会の割り勘で公平でないという結論としては配賦の考え方が入っていないということだと思います。つまり、全体の費用から割ってお金を徴収しているだけで分け方の基準が定まっていないのです。

確かに飲み会のお金を直課して計算するのはかなり困難です。しかしある程度は「お酒を飲む人と飲まない人」や「誘った人と誘われた人」「参加している時間」など前提をおいて金額を割り振る必要があるはずです。

公平である必要はないが公平感を出すことはできます。

そうすれば、飲み会の割り勘に対する後味の悪さは減るのではないかと思います。

まとめ

・飲み会の割り勘について公平感を出すためには以下の二つを心得ると良いです。

・参加者の立場や状況から割り勘にも配賦という考えを盛り込んでみる。

・公平でだすのは厳しいが公平感を出すことが大事。

コメント

  1. […] 飲み会の割り勘って公平なの? ~配賦について考える~ […]

タイトルとURLをコピーしました