【がっかり】au新料金発表 ahamo対応策ならず 「止める人はいなかったの?」

ブログ

au(KDDI)より「5G」の新プラン発表会データMAX 5G with Amazon Prime発表されました。

データ容量の上限がなく「Amazonプライム」や動画見放題サービス「TELASA」の利用料のセットのプラン。

「月額3,760円~」となっているが様々な条件が付いている前提であ実質「月額9,350円」となる。

docomoの「ahamo」発表による期待感が大きかったタイミングなだけに思うことは大きく3つあります。

①高すぎる➁料金設定が分かりづらい➂ahamoはやはり魅力的




スポンサーリンク

au新プランとは

KDDIの発表会で東海林副社長は「月額3,760円から提供する」と安さを強調していたが、これは「条件付き」である。

データMAX 5G with Amazon プライム 料金プラン

通常2G以下の場合
各種割引適用前の料金9,350円7,870円
2年契約適用時[1]-170円-170円
家族割り(2人)-500円-500円
家族割り(3人)-1,000円-1,000円
家族割り(4人)[2]-2,020円-2,020円
auスマートバリュー[3]-1,000円-1,000円
スマホ応援割(翌月から6か月)[4]-1,400円-1,400円
5Gスタート割(翌月から12か月)[5]-1,000円-1,000円
合計[1]+[2]+[3]+[4]+[5]3,760円2,280円
(表示は税抜き)

プランについて12月11日以降からでデータ使い放題で「Amazonプライム」及び「TELASA」が付いてきます。

また2G以下の場合は勝手に割引価格となります。

データ使用を無制限に使えることやビデオコンテンツを使うユーザーにとってはセットでお安くなっているプランになります。またほかにも「データMAX 5G Netflixパック (P)」と「データMAX 5G ALL STARパック (P)」が新たに発表されました。

データMAX 5G Netflixパック (P)
(2020年12月11日提供開始)
データMAX 5G ALL STARパック (P)
(2021年1月以降提供開始)
各種割引適用前の料金9,650円11,150円
合計[1]+[2]+[3]+[4]+[5]4,060円5,460円
(表示は税抜き)

電話は20円/30秒かかります。追加で通話プランがあります上記のプランと別でかかります。

通話定額ライト21回5分以内の国内通話が24時間かけ放題+800円/月(税抜き)
通話定額2国内通話が24時間かけ放題+1,800円/月(税抜き)

au新プランにはdocomoの「ahamo」発表直後もあり、割高感と料金プランの複雑という印象です。

特に「○○円/月~」という表記であるため注意しましょう。

また通話プランは入っていないことも注意しましょう。

データMAXで2G以下であれば勝手に安くなりますが、そもそもこのプランはヘビーユーザーをターゲットとしており、2Gしか使わないユーザーはこのプランを契約するメリットはありません。

KDDIのサブブランドUQmobileもありますが「ahamo」に比べすべてにおいて劣っています。

docomo「ahamo」の月額2,980円、20G/月、通話5分無料とシンプルでわかりやすいプランがどれだけ魅力的なのかが際立ちました。


auのがっかり感

12月9日発表直後の顧客の失望感は明らかに出てきている。Twitterや株価など様々なところで顕著に出ていました。

Twitterの反応

KDDIが12月9日に発表した5Gスマートフォン向け「データMAX 5G with Amazonプライム」を発表して9日正午Twitterでは

「au解約」「さよならau」そのほか「期待外れ」「微妙」「ahamoと比べると分かりにくい」など多数のトレンド入りを果たしました。

auの新プランが分かりづらいという反応に対して、一枚にまとめた画像が非常に「わかりやすい」とTwitterで出回りました。学割まで入れることで2,460円~になるが、下記すべて対象でないといけないです。6カ月、1年以上使うと勝手に価格が上がってしまうので実質価格は+2.,400円高くなることがわかります。

docomoの「ahamo」が非常にシンプルプランであったのに対し、auのわかりづらく顧客を騙そうとしているようなプランであったのも批判を買っている原因とも伺えます。

株価は暴落

株価も顕著に出ています。

発表直後に株の売却が起こり2,920円台まで一時落ち込んだ。株価からもKDDIへの落胆が伺えます。

発表を止める人はいなかったのか

auは12月9日に会見発表をするということを12月1日に公表していました。今回のプラン発表に向けて長い期間かけて色々と練ってきていたででしょう。ネットフリックのほかにアマゾンプライムやDAZNとも契約を交わしていたり、セットでオトク感を出そうとしていました。

しかしその翌日12月2日にdocomoが3日に会見発表することを公表し、サブブランドではなくdocomoとして「ahamo」という月額2,980円20Gというシンプルなプランが発表されたのです。

発表連絡日発表日
au12月1日12月9日
docomo12月2日12月3日

会場も抑えて準備を進めてきていた矢先に魅力的なプランがdocomoから出てしまったため、短期間で修正が効かなかったのでしょう。

大企業なだけに簡単に修正が効かないのも無理はないです。しかし、これまで競合他社の動きを読み取れなかったこと、顧客が本当に求めていることは何かをしっかりと理解してこなかったのかと思ってしまします。

auの契約している方は他社に乗り換えすることをオススメします。

auを解約して転出しよう

いざau解約してahamoに乗り換えようと思ってもまだdocomoの「ahamo」は’21年3月以降であるため、auを一刻も早く解約して「ahamo」乗り換えに向けた転出をしておくと良いでしょう。

今後au解約をするつもりなら、ahamoのサービスが始まってからではなく、いま転出しておくのが金銭面でオトクになります。

docomoに乗り換え

サービスの開始を持って「ahamo」に乗り換えを検討している方はdocomoという選択肢が良いでしょう。

メリットとしてはのちにahamoに乗り換えたときに手数料がかからないことです。いったんはdocomoの「ギガホ」または「ギガライト」に乗り換えておくのがオススメです。

また「ギガホ」にするか「ギガライト」にするかはご自身の月額データ利用数を見て判断して選択すると良いでしょう。

注意点としては、ahamoはオンラインでありますがこちらはdocomoの店舗に出向く必要があります。

楽天モバイルに乗り換え

楽天UN-Limitへの乗り換えは一番金銭的にメリットが大きい。楽天は一年間無料キャンペーンをやっているためデータ使用料を払わなくて良いため一番オトクです。

また、今後の「ahamo」対抗プランをauとSoftbankが出してくる可能性は高く、今後の価格競争の動向を見る上でも一度楽天モバイルで様子見をするのはかなり得策でしょう。

しかし、楽天モバイルは注意点があります。

注意点①:東京・大阪・奈良の一部で電波が不安定になる可能性あり

東京・大阪・奈良のKDDIのローミングサービスを一部地域で終了しています。

そのためこれらの地域では通信が可能性が不安定になる懸念があります。

注意点➁:対応端末を確認、iPhone8以前は対象外

対応端末をよく確認しよう。新しいキャリアのため古い端末では対応していない可能性があります。

特にi Phone8以前では対応端末ではないのでよく注意してから乗り換えるようにしましょう。

その他MVNOに乗り換え

動画などをたくさん見ないユーザーには一度MVNOに乗り換えするのも良いでしょう。

費用は抑えれる反面、通信速度が遅いのと、データ容量が大きいのはオトク感がないという特徴があります。

解約料がかかることが多いが、毎月の使用料が抑えられるため回収は容易にできます。

まとめ

au新プランは割高なため、一刻も早く他社へ乗り換えをオススメします。

docomo「ahamo」は’21年3月以降のためそれまでの他社の乗り換えメリットをよく吟味してからau解約しよう。

これから大手から新プランがでてくることも予想されるため動向をよく観察しよう。

コメント

  1. […] 【がっかり】au新料金発表 ahamo対応策ならず 「止める人はいなかったの?」 […]

  2. […] 【がっかり】au新料金発表 ahamo対応策ならず 「止める人はいなかったの?」au(KDDI)より「5G」の新プラン発表会データMAX 5G with Amazon Prime発表されました。…kaburare1.com2020.12.13 […]

  3. […] 【がっかり】au新料金発表 ahamo対応策ならず 「止める人はいなかったの?」au(KDDI)より「5G」の新プラン発表会データMAX 5G with Amazon Prime発表されました。…kaburare1.com2020.12.13 […]

タイトルとURLをコピーしました